fairy tail

フェイとエル、香港からもどってきました。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 食べくらべTOPおでかけ ≫ 食べくらべ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

食べくらべ

ものすごく遅いアップですみません…

いただきもの
ゆーママさんのシュトーレン届きました。
交換条件に焼いてもらったのよね~ふふふ。
クリスマスっぽい包装が、とってもオサレです。
拓姉さんのカード入り。
そして、フェイエルにもクリスマスプレゼント。
だから、クリスマスまでおあずけだよぉ(←鬼)。
ありがとう、ゆーママさん!

シュトーレン
今年のシュトーレンコレクション
この箱には、わたしのシュトーレンだけが並んでいたのに、
ひとり、またひとりとお嫁に出かけ、
かわりに、あたらしいお友達が加わりました。

シュトーレン
いよいよ食べくらべ。うらやましいだろう!
手前から奥へ、ろっぷははさん作、たまごさん作、
ゆーママさん作、そしてわたしのB

ろっぷははさんのは、甘納豆と栗とオニグルミ入りだから、
食べ応えのあるかんじ。香りのものが入らないので、
まわりのお抹茶のほろ苦さは、なかなかのアクセント。

たまごさんのは、ここ、ちょうど中間くらいだから、
具がぎっしり。すっきりとした独特の香りがあって、
ちょっとクセになるかんじ。

ゆーママさんのは、焼き菓子も置いてるパン屋さん、もしくは
ヴィエノワズリを置いてるフランス菓子屋さんのもののよう。
生イーストで、味も食感も正当派。カルダモンがいい香り。

ほんとはクリスマス前の一ヶ月、週末のお楽しみな
シュトーレンだけど、これから毎日アドベント。嬉!
おいしくって幸せです。みなさん、ありがとう!!


フェイエル
土曜日は、ひさしぶりにびん沼に来ました。

フェイエル
寒いから、ほとんど人影なし!
お散歩ワンコが少ないのは、枯れ葉カサカサいってるのと、
葦の穂が舞ってるからかな?

フェイエル
どんどん走ってください

フェイとエル
呼べばフェイはまっしぐらに来る(そう教えたから)
が、エルは姉が気になり…

フェイとエル
邪魔をする(庭でもそうなんだな)
はい、エルもなかなか俊足でございますよ。

フェイとエル
呼び戻しを無視して、葦原の奥へ向かって分け入る道を
行こうとして、こっぴどくぽんに怒られたエルなのでした。
「いいよいいよ。今日はシャンプーだから」(←しっぽの思考)

お菓子
ゆーママさんに聞かれた黒糖ケーキのレシピ。
簡単なフィナンシェなんだよ。
『がちまい家のオーガニックな焼き菓子』のレシピを
ちょっと変更してます。

<材料> 9号紙ケース10個分
発酵バター+無塩バター 100g
卵白 125g
素精糖(きび砂糖、てんさい糖など薄茶のお砂糖)90g
アーモンドプードル 60g
薄力粉 60g
ブロック黒糖 10個くらい

<準備>
目の粗いザルなどでアーモンドプードルと薄力粉をあわせてふるう。
型を並べておく。
オーブンは200度(電気オーブンなら210~220度)に予熱する。

<作り方>
1.焦がしバターを作る。
 小鍋にバターを入れ、弱火にかけて、たえず鍋を振って溶かすと
 バチバチなりません。全体とけたら、すこし火を強くして、
 やっぱり絶えず鍋を振りながら、焦がす。
 ちょうどよい色合いになったら、余熱でさらにこげないよう、
 鍋底を水に触れさせて色止め。※鍋は、水に漬けておかないこと
お菓子
 このくらいの色にするのが好み。

2.ボールに入れた卵白を大きな泡状態にほぐし、お砂糖を投入。
お菓子

3.ホイッパーで、たら~っとなるくらいまで混ぜる。
お菓子

4.ふるった粉類を投入。
お菓子

5.ぐるぐるよく混ぜる。
お菓子

6.そこへ1の焦がしバターを投入。
 きれーいにゴムベラでお鍋をこそげましょう。
お菓子
バターは、お風呂程度の温度が理想。
あまりにも熱いと卵白に火が通ってしまうし、
キンキンに冷たいと混ざりません。

7. 生地の完成
お菓子
すみません、これ、参考にならない写真!
卵白がつめたかったので、だんごになりましたが、
普通の温度ならば、たら~っとした生地です。

8. 型の6分目くらいまで流しいれて、黒糖をのせる。
これを、200度のオーブンで20分焼けば完成。
お菓子
しつこいようですが、これ、生地がかたくできちゃったけど、
普通はたらーっと、6分目くらいまで流し入れます。
8分目まで入れると、焼くうちに噴いて、天板に漏れます。

Comment

 編集
どれもおいしそうだけど食べ比べてもこんないいコメント書けないな、、、。
シュトーレンって奥が深いのだけはわかったv-219
そして黒糖ケーキのレシピ念のためにとっておくね~。v-413
フェイちゃんの呼び戻しはどうやって教えたんですか?
ぷーきーは何やっても鳥に走るの、、、。
いい方法あったら教えてくださ~いv-222
2009年12月21日(Mon) 20:49
 編集
グオオオオ~~~
早速UPしてくれたんですね。
フィナンシェの作り方知らない私にわざわざ写真つきで手順教えてくれるしっぽさんは
やはり巨匠です。ありがたや~~~v-435
この怒涛の1週間が終わったら必ず作ろう。出来が良かったら 笑 UPします!!

シュトーレンご賞味いただきありがとうございます。
パン屋さんレベルからなかなか脱出できない私ですが、踊るパン焼き練習生ということで勘弁してください。カルダモンなかなか良いでしょ?
しっぽさんのシュトーレン、シナモン&マジパン?美味しかったです。もちろん、さすがやね~って主人といいながら食べてます。毎日 笑 毎日同じ台詞しか出ないけど、やっぱりバランスがいいんだと思います。お菓子らしくてとっても美味しい♪また来年もよろしく~v-391
2009年12月21日(Mon) 22:04
 編集
これまた贅沢な食べ比べですね~v-353
うちも日曜日にウヒウヒ言いながら食べましたv-398
すっごく美味しかったです。
残り半分はチビチビ頂こうと思います。
で、マジパン、よぉ~っくわかりました(笑)
ゆーママさんのシュトーレンも美味しいですよね。
去年頂いてすっごく美味しかったもん。
それもこれも快と菜陽のおかげだなぁ~v-353
ところで、エルちゃんもやはり菜陽と同じ血が流れてるなv-391
うちの鉄砲玉みたいにならないようにね~。
黒糖ケーキのレシピ。ほうほうほう・・・とじっくりと読んではみた。
けどきっと自分では・・・やらないんだよね~。
そもそもうちでは天板を使ったことがないってすごくない??
昔(実家にいた頃)はお菓子とか作ってたのになぁ・・・
2009年12月22日(Tue) 11:08
 編集
ここでも、シュトーレンの食べくらべv-10
もしや、一度に、この4切れを??
いえ、私だって、全然、余裕なんだけど・・ねv-392
ダフネ体質なので、毎日一切れずつv-413

エルちゃんは、お姉ちゃんが気になるのね~
ピートと一緒。
自分勝手に、走り回ってることも多いけど、
何かと、お姉ちゃんにちょっかいかけてますよ。
ダフネからは・・朝のご挨拶くらいかなぁ。

黒糖ケーキ、美味しそうv-352
ちょうど、消費期限が近い黒糖があるので、焼いてみようかしら?
で、発酵バターと無塩バターの割合は、どのくらい?
うちには、発酵と低水分しかないのだけれど、
普通の無塩の方がいいのかしら。
2009年12月22日(Tue) 14:28
 編集
お、ラッキー。
がちまい家のレシピ、借りてこようかと思ってたとこ。
うちは発酵しかない~けど、ま、いっか。

八部衆、来年はもう少しレベルアップするぅ。
歯が欠けそうで虫歯になりそうな感じやったし。笑
具の取り合わせはいいみたいやし、頑張ろうっと。
ゆーママさんのはこっくりとした感じ?
ブリオッシュとかクイニーアマンとかっぽいんかなぁ。
シュトーレンも色々あるから、食べ比べすると楽しいやろ~。
その人らしい味(手の味っていうか)や形になるしね。

エルちゃん、フェイちゃんが好きなんやね。
テトも今年に入ってから、山でも好きな方向へいけるようになった。
広場やと姿が見えるから、割かし単独行動も出来てんねんけど
山は絶対追いかけてばかりやってん。
でもこの冬の山遊びからは、独りで奥へ行けるようになってて
「へ~」って言ってたねん。(それがあのブログの動画)
ちょっと大人になったんかね?
ま、基本は妹体質バリバリやけどね。
2009年12月22日(Tue) 21:31
ぷーままさん
 編集
いつも食のコメントに関心持ってくれてありがとう。
いいコメントになってるかなぁ?
アメリカには、食のアドベントはないのかしら。

念のため?卵白がたくさん出たとき用?(笑)
黒糖ケーキの仲間の、いちじくとくるみのケーキは
ルナぼんさんのお気に入りで、おねえちゃんが焼いてたよ。
運がよければ、焼いてもらえるかもよ~。

呼び戻しは、ごくオーソドックスな教え方をしたよ。
ロングリードつけて離れてステイさせ、コマンドを1回発して、
こさせる。
ふらーっと横道にそれたり、来ようとしなくても、
ロングリードをひっぱって、必ず目の前にこさせる。
すんなりこれたらご褒美~ってやつ。

で、難易度をあげるときに、距離は縮めても、おやつとか
おもちゃとかを転がした中を、まっすぐ来させるとか。
あとは、普段のお散歩で鳥を見かけても我慢、我慢で
まっすぐツイテ歩く練習をして、絶対行かせない。
そして、極めつけは、自分が先に鳥を見つけて、
行かないよ~と言って、我慢したら誉めるの繰り返し。

性格もあるけどねぇ。フェイってキマジメだから。
エルは、猫の前で我慢するのが、すっごい難しい。
呼び戻しもロングリード練習してないから、やらねば。
でないとまた、ぶっとんでいってしまうからなぁ。
2009年12月23日(Wed) 10:41
ゆーママさん
 編集
ちょうど卵白たまってて、つくる機会があったから(笑)
簡単でしょ~。ただ混ぜるだけで、混ぜるのは5分もかからん。
波照間とかの、おいしい黒糖を入手して作ってね。

シュトーレン、とってもおいしいね!
パン屋さんレベルって、すごいと思うんだけど~。
やっぱりちゃんと習っただけのことはあると思いました。
カルダモン好きだから、とってもおいしかった!
わたしのシュトーレンは、増沢さんのレシピと具が違うだけだよ。
ゆーママさんだって、あれだけのシュトーレン作れるんだから、
本のとおりに作れば、わたしよりおいしいのが作れるよ、きっと。
2009年12月23日(Wed) 10:54
ひなたんさん
 編集
すごいっしょ!
ほんとは、気になるお店のを今年は買おうかなと思ったけど
たくさんいただけることになったから、やめときました。
これだけ食べ比べりゃ、じゅうぶんでしょ(笑)
マジパン、わかってもらえましたか!
ゆーママさんのも、ほんとにおいしいよね。すごく上手。

エルはすでにじゅうぶん鉄砲玉だよ。
でもよく考えてみると、公園のような、魅力がたくさんある場所で
ちゃんと呼び戻しの練習したことないのよね。
川とかだと、フェイがつれてきてくれるし。
ちゃんとやらなきゃって最近、けっこう思ってます。

天板使わないってさぁ…焼き芋もしないの?
野菜やお肉をローストしたりもしないの?
天板はお菓子のためだけにあるわけじゃないぞぉぉ。
2009年12月23日(Wed) 11:01
ダフネままさん
 編集
その「もしや」ですよ。しかも夕食後!
ぽんは、最近やや太ってきたそうな~。

エルは、フェイがわたしにアイコンしてるときに
あがぁあぁぁ!ってすることが多いです。
家の中でも、フェイがおやつを期待して、わたしの前に
ぴしっと座って「くださいな」光線を出してるときなども、
エルはたいていフェイの真似して、あとから飛んできて、
フェイがちらりとも自分を見ないことが気に入らないかのように
あがぁぁああ!とマズルを横から咥えようとします。
実に、妹気質満載です。

黒糖ケーキのバターの割合は、毎回適当で、
発酵が2/3くらいになることもあれば、半分くらいのこともあり…
オーソドックスなのは、半々かな?
普通の無塩より、低水分のほうがもちろんいいです。
断然おいしくなると思います。
でもまったく発酵の風味がないのは、ちょいと寂しいです。
2009年12月23日(Wed) 11:11
ろっぷははさん
 編集
発酵オンリーでもぜんぜん大丈夫だよ。
もともとはそうしてた。
ちなみに、有塩を混ぜてもいいと思うよ。
がちまい家は、すべて有塩バターで作ってるし。
生地のお砂糖も、塊の黒糖を粉にしたものだとくどいけど、
奄美の粉黒糖みたいに、粉につくってる黒糖なら、
とてもおいしいと思う~。

八部衆、厚切りにするのが、おいしさのポイントだった。
この写真の倍くらいに切ったほうが、よかったわ。
具のとりあわせはねぇ…書いていい?
芯は栗ペーストか、もしくは黄身あんのようなもので、
お豆は2種類くらい、手づくりするなら甘煮の蜜漬けで
干さずに入れたらどうかな?
あと、抹茶は生地に練りこむ。外だとすごく湿気呼んでたし、
香りもとんじゃって、すこしもったいない気がしたの。
んでオニグルミの粉も、マジパンにしないで、
生地に混ぜ込んだら、ふんわりしっとりで、豆しっとりを
キープできそうじゃない?しかもそのほうが、
粒で入れたオニグルミのおいしさが目立ちそうに思うのよ。
んで、ドライのいちじくかあんずで、変化をもたせる。

栗芯のシュトーレン、今年わたしも作ろうと思ってたんだけど、
わたしのより、八部衆のほうがあう気がする。
渋皮煮を並べるより、栗ペースト作って渋皮煮混ぜるとか
考えてたんだよねぇ。どうよ。

ゆーママさんのは、ほこほこしたかんじ(この形容詞でいいんか?)
非常に軽い上出来のバターケーキとサブレのあいだのような食感
とでも言いましょうか。とてもおいしいので、来年は、ぜひ!

エルはね、ほんとに「お姉ちゃん、お姉ちゃん」よ。
ばーっと一人でアホかっちゅうくらい走ってても、
ふと我にかえって、フェイを探してちょっかい出しにいくよ。
いまだ自制することをあんまり教えてないから、
教えないといけないなって思ってるところ。
2009年12月23日(Wed) 11:37
 編集
ふむふむ・・・・イチジクも考えて、一度具を全部まとめて口に入れてみたねん。笑
どうもイチジクのツブツブ感と甘さが甘納豆との相性で気に入らなくて却下。
リンゴとイチゴは全然ダメ。当然やね。
で、酸味が柔らかいドライフルーツが欲しかったけど杏は想定外やったなぁ。
黒豆と金時の甘納豆は、干したのをもう一度砂糖漬けにして水分戻せば良かったよね。
パンに混ぜる時は、少し捏ねの水分増やしてたんやけど
今回、な~~~んも考えずに生地に混ぜ込んでた。笑
で、焼きあがった後で気付いた次第。
抹茶は生地に混ぜるのも考えたんよねぇ。じゃ、今度は混ぜてお化粧を和三盆でかる~く。
あ、あかん、和三盆も湿気呼び易い。いや、でも単品使いじゃなくて混ぜればいけるかな。
栗はまず、渋皮煮と甘露煮を具で入れようと悩んでてんけど、
日持ちって点で難しいと思ってん。
瓶での保存でもそうなんやけど、基本が水やし腐りやすい。
で、最後の保存でシュトーレン用を、ラム酒と砂糖を軽く火入れしたシロップで保存したらどうやろ?と。
それで芯は黄身餡にクルミを混ぜる。もちろん生地にもクルミ粉。

げっ!八部衆どころか十大弟子とか加えへんとあかんやん!
完璧仏教シュトーレンやね。笑
2009年12月23日(Wed) 23:01
ろっぷははさん
 編集
おー熱烈なお返事ありがとう。
シュトーレンになったとき、全種類いっぺんに入ってくるって
ことはないんじゃないか(笑)
でも、全部入る口の大きさに驚いたe-264
イチジクはやっぱり検討済みだったか~。
お抹茶と相性いいからと思ったけど、お豆とはダメか。
杏は、あんみつとか豆かんとか、釜めしについてるからさ、
和系のアクセントには、王道なんだろうと思うのよねえ。

和三盆のほうが、抹茶よりはしけないと思うよ。
心配なら、泣かない粉糖の真似して、
ほーんのすこし粉の片栗粉混ぜたらどうかしらねえ。
栗は、ペーストにすれば、あんこと日持ちはおなじくらいじゃん?
それか、マロングラッセ作るか(←甘すぎて嫌い?)甘栗。
で、シュトーレン用渋皮栗or甘露煮にするとしたら、
瓶づめしてシロップ入れて、そこにお酒をそのまんま加えるほうが
香りも日持ちもよくなりそうに思いまする(←いつもそうしてるよ)。
いやぁもうすでに来年が楽しみだねぇ。鬼わらわせすぎっ
2009年12月25日(Fri) 13:45












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。