fairy tail

フェイとエル、香港からもどってきました。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPその他 ≫ ごちそう三昧

ごちそう三昧

更新とどこおっております。
先週は、ちょいと旅行に出ておりました。
黄金週間の人ごみ・渋滞を避けるためにサボるしっぽ家です。
お世話になったみなさん、ほんとうにありがとうございました。
行く先々で、たっぷりとご馳走していただいてしまいました~!
その食道楽ぶりをご紹介。

まずは名古屋でランチ。ひつまぶしを食べたいというしっぽの
希望のために、あつた蓬莱軒 陣屋に連れて行ってもらう。
平日というのに、大きなお座敷に満杯のお客さん。
回転も速い。このお店1日のうなぎ消費量が、気になりました。

あつた蓬莱軒
肝焼き。いやいや、お酒は飲んでないさ。でも食べてみたかった。

あつた蓬莱軒
ぽんが頼んだ、上鰻丼。
店員さんに聞くと、ふつうから特上まで、使ううなぎは一緒で、
ごはんとうなぎの量だけが違うとのこと。
それじゃあ、特上は食べきれないねってことで、上。
「えっうなぎこれだけ?」と思ったら、下にも入ってました(^^ゞ

あつた蓬莱軒
ゆーママさんが頼んだ、天麩羅定食。
あのお座敷で天ぷらを食べていたのは、たぶんゆーママさんただ一人。
うなぎは好きじゃないのに、連れて行ってくれてありがとう!

あつた蓬莱軒
そしてこれが、なーパパさんとわたしの頼んだ、ひつまぶし。

おひつの中を4つに分け、最初はそのまま、次は薬味をのせて、
その次は薬味とおだしをかけて、最後の1つはお好みで

というルールをまじめに守って食べました。
わさびって白焼きだけかと思ってたけど、
たれづけで焼いてても、わさびあうね。
うなぎ大好きなしっぽ。ひつまぶし堪能いたしました。満足。
ごちそうさまでした~!

その後、熱田神宮にも連れて行ってもらいました。
神社仏閣の空気、空間が好きです。緑も心地よくて、ほっとします。
お参りをして、西楽所と信長塀にふらふらと近づいて見学してたら
あっあれは!!
フェイ
F: もも、もしや、あなたたち名古屋コーチン!?!?
玉砂利けちらして大興奮のフェイでした。
テンション上がると、くるくる回るので、リードが大変なことに~。


その後、ゆーママさん車の先導で、名古屋の名所を案内してもらいながら
カフェで休憩してみたり。そして別れを惜しむ間もそこそこに、
われわれは岐阜・大垣へと車を走らせました。
2年ほど前にも、訪れたことのあるCALCIOで、お夕食です。

CALCIO
まだ、明るいうちからスタート。アンティパスト。
右奥の、黒米のアランチーニ(ライスコロッケ)と、
その左手のフリッタータ(カポナータ入りオムレツ)が、印象的。

そしてプリモは、おのおのオーダー。
CALCIO
ダフネままさんは、ゴルゴンゾーラソースのニョッキ。
緑はほうれんそう、赤はトマトかな?
白は基本のジャガイモで、黒はきっといかすみだよね。
ここのニョッキほんとにおいしいんですよね~。

CALCIO
ぽんが頼んだのは、手打ちパスタのボンゴレロッソ。
浜名湖の、旬のあさりの、ふっくら大きいこと!

CALCIO
わたしは、リコッタチーズのラビオリ。
この日の手打ちパスタは、ほうれんそう入りでした。
さっぱりとさわやかな一皿。おいしかった~。

そして、セコンド。これもまたおのおので注文。
CALCIO
ダフネままさんは、鱸のグリル、マッシュルームバターソース。
わたしの好物そろい踏みってかんじのひとさらでした。

CALCIO
ぽんは、ラムのロースト、バルサミコのソース。
これもね~いい香りで、すごくおいしそうだった。

CALCIO
ぽんは、このラムにあわせて、赤ワインをグラスで注文。
ヴェネツィアングラス、サルバドーリで、サーブしてくださいました。
「飾っておくのではなく、おだししちゃうの」っておっしゃってたマダム。
こんなに美しい、手書きのヴェネツィアングラスを手にとって
眺めたのは、はじめてです。

CALCIO
そして、わたしが頼んだのは、牛ほほ肉の煮込み。
じっくりと煮込んだお料理も、選べるのです。すばらしい。
おいしくって、パンをおかわりしました。

CALCIO
食後のドルチェ。
タルトチョコラータ、抹茶のムース、そしてマチェドニア。
大好きなマチェドニアが、超美味~。
使ってあるのはなんだろう、マラスキーノではないような?
なにやらとっても華やかな香り。なんのお酒だったのかな。

ほんとはさらにピッツァをつけることもできたのだけど、
おなかいっぱいで、断念。
おいしいイタリアンを食べると、家ごはんのイタリアン率が
一時的にかなり高まる我が家。
ここのお店にきたあとも、例外ではありません。
オリーブオイルを買い足さねばと思っているところです。

そうそう、ここのマダム、なんとわたしたちを覚えていてくださいました!!
常連さんの連れってこともあるでしょうけれど、すごすぎませんか?
「2年前、たしかランチ」ということ、そして車中にワンコが
留守番してることまでも、きっちりとご記憶されていて。
シェフであるご主人の腕前もすごいけど、マダムのお人柄にも大感激。
ほんとうに素敵なお店です。おいしかった。ごちそうさまでした。


さて。あくる日、琵琶湖のそばまで来ていたしっぽ家。
約束の時間にすっかり遅れて大迷惑をおかけしながらも
絶品和食をごちそうになったのでした。

coctura桜井
お店の休日をあててくださって。

coctura桜井
じゃーん!coctura桜井さんの、特別なお昼膳。
きれいでしょ~おいしそうでしょ~、うらやましいでしょ~。
ホームページや某誌の写真記事を見て、
指をくわえていたあのお料理が、目の前に!
酢ばすの下には、あの、鯖寿司ですのよ♪

たいていの場合、なんとなく材料や作り方のイメージが
思い浮かぶんだけど、このお膳では、想像を超えるものが
いっぱいありました。赤いしんじょとか、お魚のソースとか…。
どう作るんだろうな~ってたくさん思いながら味わったから、
お料理教室にいける方々が、すごくうらやましいです。

coctura桜井
コーヒーとデザートも。
うわさの、契約農家さんから完熟で摘み取られて届く紅ほっぺ!
いちごシャーベットの下にマンゴーピュレ、
その下にいちごのメレンゲムース~ららら~♪

紅ほっぺの香りでノリノリになってしまったフェイエルのために
わざわざワンズ用にカットしてきてくださったパパさん。
わたしたちだけでなく、ふたりにもごちそうしてくださって
本当にありがとうございました。
大雨のなか遅刻して、大騒ぎでひっ散らかしたうえに、
あっというまに退散し、本当に失礼いたしました。
選び抜かれた食材と、すばらしいお料理、とっても幸せでした。
ごちそうさまでした。

いただきもの
そして、いただいたおみやげたち!!
ゆーママさんたちからは、フェイエル用にビッグアキレスと、
例の粒マスタード2種、そしてハーブティ(←飛びつくネタをありがとう)。

ダフネままさんからは、うわさの山ぶどうのワインと
みそ入りせんべいの、田中屋せんべい総本家のおせんべたち。

ちゃまこさんたちからは、お店の土佐醤油、ポン酢、土佐酢と、
フロッシュのシュプーレン、むちゃくちゃおいしいトマト。
トマトはね、「持っていきます?」と聞いてくださったパパさんに、
遠慮をしらないしっぽは、「はい!」と即答。
高知産の激甘高級トマトです。ミディトマトくらいの桃太郎。
枝で完熟してるから、パンパンに実が張ってて放射状の線もくっきり。
感激のおいしさです。売っているお店も教えてもらったの。
来シーズンの土佐文旦はここから特価品を入手する予定♪

みなさま、本当にお世話になりました!
ごちそうさまでした、そして、いろいろありがとうございました!!

Comment

 編集
わ~~~。
ほんまに盛りだくさんの旅行やったんですね。
しかも食べっぱなし笑
もちろんうちも旅行の楽しみの一番は食事なんやけど こんだけ食べ続けて身につかないお二人がうらやまし~~~。

『特別なお昼膳』なんて紹介してくださってありがとうございます。写真も綺麗に撮ってもらって。
私もどんなお昼が用意されてるかほとんど知らんかったe-264
『お昼はうちでご一緒に♪』なんていいながら私は何にもしないんやからe-277

ぽんさんには残念やったけどトマトほんまに美味しかったでしょ!
あそこの土佐文旦もみずみずしくて絶品ですが小夏もめっちゃ美味しいですe-418
2010年04月27日(Tue) 23:33
 編集
さすが、しっぽさんv-424
写真は、素敵だし、お料理の解説も、プロ級ですv-426
いかに、自分が、漫然と食しているか・・笑うしかありませんv-356

で、お昼、しっかり、食べてらしたのねv-392
ひつまぶし・・ねぇ~~私も、いただきたかったわ。
うなぎ、お好きだったら、関の辻屋さんのも、是非v-363
関東のとは、お味が異なるかもしれませんが。

桜井さんのお膳も、素晴らしいv-352
鯖寿司も、気になります。
そうそう、琵琶湖と言えば、ふな寿司ですが、
桜井さんも、作ってらっしゃるのかしら?

みそせんべい、いかがでした?
四つ折りは、結構な堅さでしょう?
私は、落花生のおせんべいが、一番、好きかも。
それから、ワイン。
しっぽさんも、てっきり、飲める人かと。
実はね~ワインをって思いついたのは、なーゆーしーホテルに宿泊?
って、勘違いしたから。
たしか、ゆーままさん、ワイン通でしたよね。
2010年04月28日(Wed) 00:13
ちゃまこさん
 編集
先日は、お世話になりました!そしてごちそうさまでした。
本当においしかったです。ほんとはね、これは何でどうやって
作るのってみーんな聞きたかったです。
でも緊張して聞けなかった…そう見えなかったかもだけど(笑)

じつはぽんはね、樹熟トマトはいけるんです。
いただいたフルーツトマトは種のところが多くないし、
実もかっちりしっかりしていて、激ウマでしたから、
ちゃあんとふたりで分けて食べてますよ~。
貴重なものを、ありがとうございました。
そう~小夏も~でしょうね~じゅるるる…

それにしてもほんと、移動するか食べるかってかんじですよね(笑)
あっ、ぽんは身につくよ。でも小食です、わたしよりよっぽど。
わたしはね、がんばればピザも入ったかもしれないけど、
ぽんは、完全にギブアップだったし。

お会いできて、ほんとに楽しかったです。
ありがとうございました~!またの機会、あればいいなあ。
2010年04月28日(Wed) 19:10
ダフネままさん
 編集
写真、でもカルチョのはうまく撮れなかった~
カラーバランスの調整もうまくいかなくて、黄色いまんま。
でもこの色のほうが、雰囲気はよく出てますよね(←楽観的)

解説?うんちく?うっとおしいですよねe-330
どうにかして、家でも食べたいなあ、って思いながら
食べるからか、つい、構成を考えちゃうんですよね。
ようするに…オタク?

で、お食事中にすぐに思い出せなかったのだけど、
関の辻屋さんって、もしかして刃物会館の近くのうなぎやさん?
今回、余裕があったら(←無理)、刃物会館行きたいな~って言ってて、
そのときチェックしたところかしら。

桜井さんのお食事、ほんとにおいしいです。
お食事だけでなく、古民家の建材や建具を使われてるお店も、
雰囲気があってす~ごく素敵なのです。
ふな寿司は、伺ったことなかったです。
ふな寿司ってどんな味?なーんとなく恐怖おぼえてるんですが。

みそせんべい、たしかに、かーなり堅いですね。
でも意外と、折ってないものだと、がぶっと深くくわえて
折ろうとするから、そのほうが衝撃あったかも。
おおぐちあけて、よくばりすぎです、はい。
どのおせんべいもひととおりいただきましたよ。
香ばしくって、おいしいですね!

そう、わたし飲めるように見えるらしいのですよ。
でも、味見は大好きなので、もしもなーゆーしーホテルに
泊まっていても、隠しておいたかも!?
だって、その晩で空いちゃったら、かなしいもの~(←よくばり)

おいしいものをたくさん、ごちそうさまでした。
楽しい時間を、ありがとうございました。
2010年04月28日(Wed) 19:33
 編集
さすがしっぽさん。上手に写真とれてるわ~
私はまったく駄目なので期待してました♪
そうね、あの日てんぷら食べてるの私だけだったよね 笑
いいの。匂いは大好きだからv-415

ミントティーのんだ?フェイちゃんの待機が見たいわ~
私はいただいたティー、大事に順番待ちです。楽しみです。

それにしても食べたねえ~
解説が詳しくてさすが。私が食べに行くときも解説してほしいです♪
マチュドニアって何?初めて聞いたよ。

私も食べるの専門なんです~ダグネままさ~~~ん。
ワインは通ではなく、のん兵衛なだけかも 笑 
味見できなくて残念でした!!
いえ、きっとさせてももらえなかったと思われます。なくなっちゃうもんね 笑

桜井さんの店!私もいつかうかがいたいの。
主人に琵琶湖=水泳=和食って刷り込み中v-433
とっても綺麗ですね。やっぱり和食は美しいわ♪
2010年04月29日(Thu) 02:20
ゆーママさん
 編集
ほんと?ありがとう。カメラ取りにいったかいがあったわ。
あの香ばしいなかで天ぷらの味、わかった?(笑)
天ぷらもさくっと、おいしそうでしたよね。

うちもまだミントティー目で楽しんでます。
そろそろだいぶ暖かくなってきたから、あけようかな?
そう、最近フェイは、庭のミントを発見したよe-263

あら、マチェドニアご存知ない?
イタリアンのフルーツポンチよ。
いろんなフルーツをざっとお砂糖であえて置いといて
フルーツから出てくるお水に少し甘いお酒をたしたのが
シロップになってるの。簡単だから、おうちでもぜひ~。

味見しにきてもいいよ~。
これは味見だけで、あとはほかのを飲んでe-264
でもパッションでも、思ったより飲まれてなかったような。
わりと簡単にものすごくご機嫌になっていた気がします(笑)

でっしょ~桜井さん素敵よぉぉぉ。
わたし、ほんとは旧姓とかでこっそり予約して行こうかと
思ってたくらいなの。
帰りは、新名神→伊勢湾岸→東名と出たけど、すぐだよね。
いいよね~あそべるよね~。
2010年04月30日(Fri) 16:00












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL