fairy tail

フェイとエル、香港からもどってきました。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 狂犬病抗体価検査に関する法改正TOPその他 ≫ 狂犬病抗体価検査に関する法改正

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

狂犬病抗体価検査に関する法改正

2012年1月、動物検疫に関する改正法が施行されました。
狂犬病の発生しない国に指定されていた(以下、指定地域)
英国、スウェーデン、ノルウェーなどが、指定をはずれる、
ということで、検疫所からメールをもらっていました。

この法改正、フェイエルにとっては、特に関係なさそうかな?
と思っていたんですが、関係のある内容もあったようです。


抗体価検査証明のルールが緩和されました。


指定地域外から日本に入国(帰国)するとき、
狂犬病にかかっていませんよ、という証明をするため、
狂犬病抗体価検査証明を受けます。

そして、その証明を受けてから180日間、待機期間があります。
つまり、180日経過後、はじめて狂犬病でないことが
認められるのです。
そのあいだは、日本に入国できません。
日本に向かっても、180日が終わるまで、係留になります。

ただし、日本にいるうちに検査を受け、
必要な抗体価を有していることを、証明してもらっている場合、
180日の待機期間はありません。
日本が、狂犬病の発生していない国だからです。


この抗体価検査証明、有効期限は2年間です。
そのあいだ、狂犬病ワクチンの期限が切れないように
追加接種をおこたらなければ、2年間有効です。


いままでは、その期限を迎える前に、ふたたび、
必要な抗体価を有している証明を取る必要がありました。
期限切れになってから、出国先で検査証明を取った場合は、
日本入国まで、180日の待機期間が必要だったからです。

それが、このたびの改正で、

抗体価検査証明の期限が切れても、狂犬病ワクチンの
追加接種を続けていれば、必要な抗体価は、維持されている

ものとみなされることになりました。

一度、0.5IU/mL以上の抗体価を証明された犬は、
その検査結果が期限切れになっても、
狂犬病のワクチンを、1日たりとも間があかないように
注意深く接種していれば、新しくとった抗体価検査証明が、
0.5IU/mL以上であれば、180日の待機期間を免除される
ということです。

つまり、「待機なし」で日本に入国(帰国)するために、
2年ごとに検査証明を繰り返し取得する必要は、なくなりました



抗体価検査証明は、時間がかかります。
日本で取れば、血清送付から2週間ほどで取得できたけれど、
香港のように、指定検査機関がない場合は、
検査機関のある国に血清を送付しなくてはなりませんし、
1ヶ月くらいは、かかるかもしれません。
血清を紛失されたから再検査という話もチラホラですし^^;

もちろん、抗体価検査証明を2年ごとに取りつづけておけば、
いつでもすぐに日本に入国する準備を整えておけるわけですが、
日本入国する前には、40日以上前に、動物検疫所に
輸入検疫の届出をしなければなりませんので、
どれだけ急いでも、およそ1.5ヶ月先にしか帰れないのです。

だから、輸入検疫届出と同時に、抗体価検査も行えば、
必要な抗体価に不足しない限り、間に合うでしょう。

もし、帰国予定なく抗体価検査証明を取るならば、
狂犬病ワクチンの追加接種後にしようかなと、今は思っています。
(香港の狂犬病ワクチンは、3年有効)
0.5IU/mLに満たなくて再検査になることは避けたいしね。


詳細は、動物検疫所「犬等の輸入検疫制度の見直しについて」
ご確認ください。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
一緒に来てくれてありがとう ↑ぽちっとおひとつ おねがいします


いつも見に来てくださって、ありがとうございます。
日本の皆さんからは、縁遠いお話で、すみません。

検疫所に、抗体価検査証明を隙間なく取ることについて
問い合わせたら、この法改正があったことを教えてくれました。
いつもとっても親切な、検疫所のみなさん。
ほんとうに助かります。

そんなわけで、どれだけ海外に渡航される(している)人が
ご覧になってるかわかりませんが、情報をシェアしまーす。

Comment

 
 編集
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
2012年03月23日(Fri) 11:17
 
 編集
帰国するにも大変だったんだね。
海外にいて、いろんなことにアンテナ張り巡らせて
いるしっぽさん・・・偉いです。
フェイ&エルちゃんはしっかりしたママがいるので
心強いね。
2012年03月23日(Fri) 14:35
 
 編集
なんだか頭がパンクしそうよ。
しっぽさんは、本当に研究熱心だよね。
そういうのってエライとおもうわぁ。

で、前より帰りやすくなったって事よね。違う?

↓エレベーターに乗った2姫のオリコウさに感激したわ。
ちゃんと躾けられてるよね~。
雪、エレベーターなんて乗ったことないわ。
2012年03月23日(Fri) 18:05
 
 編集
おお!
緩和されたんですね。あのややこしい作業が少しでも楽になるに越したことはありませんもんね。
うちの場合、HK→SINの時は真夏のSINで30日間の検疫機関(しかも半分外のようなもの。勿論エアコン完備付を予約したけど)で隔離されてたし、SIN→JPNの時は証明を2回取る羽目になってました・・・。在住期間が長そうだからそれも分かってはいた事だけどね。笑
HKと似ていてやっぱり検査機関はなかったので英国に送って1回目の証明は2か月はかかりました。
あとは期限を切らす事なく接種をすればね♪
 
2012年03月24日(Sat) 00:32
履歴書の送付状さん
 編集
はじめまして。
お立ち寄りくださってありがとうございます。
お役に立てましたか?よかった!!
2012年03月24日(Sat) 23:13
天ママさん
 編集
日本←→香港どちらもやってみたから、
もうぜんぜん大丈夫よー。
ちょっとめんどくさくて、時間はかかるけど、
手続きそのものは、難しくはないんです。

一緒にいるためだもの、天ママさんだって、
そのためならなんだって頑張れちゃうでしょ。
2012年03月24日(Sat) 23:24
雪ママさん
 編集
これ、輸入検疫を経験しているor関心がある人なら、
話がわかってるから、すんなりわかると思うけど、
そうじゃなかったら、さっぱりですよね。

んーとね、そうね、2年ごとに血をとらなくても、
半年待たずに帰れるようになったので、帰りやすいかな。
だけども、そのかわり、一時帰国はしづらくなるかな。

フェイエルで言うと、今年の9月に検査証明の期限が
切れるのね。でも、きっと更新するのは、
狂犬病ワクチンを打つ来年11月以降にすると思うの。

今度の一時帰国は、結局連れていかずに短く行くことに
したから、たぶん次にもし連れて行くとしたら、
来年の冬以降ってこと。

ふふ、かわいいっしょ~(←親ばか)
エレベーターなんて、乗らずに済むほうがいいよぉ。
2012年03月24日(Sat) 23:37
ふぁゆん太太さん
 編集
そうなんですよ~!!

かりんちゃん、係留に耐えて、ほんとにエラかったね。
しかも真夏でしょ。エアコンあっても、大変だよね…
会いに通った太太さんも、おつかれさまでした。

かりんちゃんのころは、2年ごとじゃなくて
1年半ごとに証明をとっておかないといけなかったでしょう。
フェイエルは、渡航前にそこも緩和されて、
2年ごとで大丈夫になったんですよ。
だんだん、懐にもやさしくなってくれています。
2012年03月24日(Sat) 23:47
参考になりました!
 編集
はじめまして。記事興味深く読ませていただきました。
私も記事のようなお話を噂で耳にしていたけれど、自分で調べたりせず、ただ書類を更新していました。
自分の記事にも、訂正文として、記事をシェアさせていただいてもいいでしょうか?
よろしくお願いします。
2014年06月12日(Thu) 04:00
ROCKYさん
 編集
はじめまして!
この記事、読みづらかったでしょう。
参考にしてくださったのなら、とってもうれしいです。
読んでくださってありがとう。

シェアも、もちろんどうぞ♪
でも、もうすでに2年も前の内容ですので、
もしかすると、またさらに変更されてるかも?
(昨年帰国した際は、この内容で変更なしでしたけれど)

もしまた新しい変更があるときには、
ぜひ、ROCKYさんのブログで、紹介して教えてくださいね(^^)
2014年06月12日(Thu) 10:46












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。