fairy tail

フェイとエル、香港からもどってきました。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP日常 ≫ 真っ赤!なんだけど…

真っ赤!なんだけど…

鳳凰木
むこーう側に見える、真っ赤な花のついた木。
いま満開の、鳳凰木です。

鳳凰木
かなり迫力がある赤さなんだけど…駄目だ、遠すぎる。

この木とジャカランダとねむの木は、葉っぱの形が似てます。
だから、去年はじめての夏のときは、あれーこのジャカランダは
花が咲かないのね、と思っていたら、しばらくして、
真っ赤な花が咲き、違う木とわかりました。


昨日も、早朝にお散歩へ。
帰ってしばらくしたら、大雨になったのです。
早起きの習慣でよかった。

休憩中
フェイは外でもすぐ伏せる。
かわいがってくれる人や、ワンと挨拶するときなんかも、
すーぐコロンとします。

休憩中
エルは、外では、だいたいいつも立ったままです。
すわりはするけど、おやつをもらえるかも?と思って
座ってるかんじだし、伏せるなんて、めったにないです。
芝の広場で遊んだあとなんかは、伏せるけどね。

そのくせ足にありんこくっつけてきたりするのは、エルなのよねえ。


ソフトフランス
ソフトフランスパンの生地で、クッペ的プチパン。
けっこういいかんじにできて、ほっとしました。
問題は、やっぱり食パンだな。


にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ
ふたりとも存分に寛いでおります ↑ぽちっとおひとつ おねがいします



いつも見に来てくださって、ありがとうございます。

前回アップしたエルの寝顔の動画がありました。
「クール」「かわい~」イメージ戦略的にはNGよねぇ。
せっかくだから、イメージ保持につとめねばなるまい。

Comment

 
 編集
あのさ~、せっかくの鳳凰木。
どうしても2姫をいれて撮らなきゃダメ?笑
木の下まで行って、ズームで撮ればいいんじゃないかと・・・。

うちはすぐ伏せて休憩するのはろっちゃんで
テトは絶対伏せないし座らないし立ったまんま。
なのに、アスファルト以外でならほふく前進はする。
エルちゃんとかなり近いかも。
だけど伏せる時、どう~~~~~しても後ろ脚がペロッと出る。
このフェイちゃんも後ろ脚の肉球出てるよね?

クッペのうまそ~な開き具合!!
最近、この手のパンならだいたい食べられるようになりました。
うふ~オ・ト・ナv-238でしょ?
パリパリクラストで口は切らないって分かったのさ~。

2012年05月28日(Mon) 19:39
 
 編集
この真っ赤なお花は、この前地面にびっしりのとは違うの?
香港に咲いてるお花って、原色系が多かったりする?

フェイちゃんは、フセしてパカーンしてどうぞ!って言ってくれるよね~。
エルちゃん、私に「ダッコしてください」って、
うるうるお目目でちんまり座って、訴えてたのを思い出すわ。
めちゃ可愛くてさ~。
雪はフェイちゃんと同じでパカーン派です。

食パン、↑みたいに落として割らないようにね。

動画あるなら見せて~。笑いた~い!
2012年05月29日(Tue) 12:39
ろはてさん
 編集
だって花は背負っとかないとさー。
木の下側からでは、花はチラチラほとんど見えないよ。
どーにかして、大木の上側が写るように撮らねばならない。

昨日、鳳凰木の生えてる反対側が高台になってる場所で
写真撮ってみたから、アップ画像をアップした。

そーなのよ、フェイはすぐぺったんこになるのよ。
下腹に赤いぽちぽちが出るから、外でやらないで欲しいけど、
やるなっつっても、無理よねーヘトヘトなんだろうし。

エルは、匍匐前進はしません・笑
でもフセ仲間、立ったまま仲間がいて、うれしい♪
きっと足の毛で窒息死したらしきありんこが
テトちゃんにも絡んでいることでしょう。

そりゃビゴさんパンのおみやげが楽しみだーねー。
バゲットアランシエンヌを買ってきてもらいたまえ。
2012年05月29日(Tue) 14:24
雪ママさん
 編集
ちがうの。
これはひらひらっとしたマメぽいお花で、
こないだのレッドシルクコットンツリーは、
木蓮の花びらに蝋がけしたみたいなかんじ。

へんな説明。

原色のものが多いですよ、やっぱり。
しかも木の花が多い。
だから淡い色のホンコンオーキッドツリーは、
ずいぶんきれいなかんじがします。

そう、「どうぞ!」ていう割には、
こっそり手を蹴とばして、そっと払いのける・笑
エルは、なかなかお腹出さないよね。
とくに相手がワンだと、よっぽど負けでないかぎり、
出さないだろうなあ。

え~大したことないけど~見たいのぉ?
2012年05月29日(Tue) 14:32












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL