fairy tail

フェイとエル、香港からもどってきました。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPおでかけ ≫ 紅葉の御釜

紅葉の御釜

さあ、秋も本番の10月になりました。

どんどんたまってしまうネタ…
もう、最新のから遡っていくことにします(-_-;)

というわけで、

お釜
紅葉のはじまった刈田岳頂上、行ってきました。

刈田岳
前回は、エコーライン開通の雪景色だったので、
ほんとはこういう景色だったのかとしみじみ。

刈田嶺神社
刈田嶺神社に、お奉行さんみたいな衣裳の
おじさんたちが、いっぱい。
お神酒をくばっていました。

下山し、遠刈田を通っているとき、
一時的に通行を停められ、なにかなーと見ていると、
白い装束の人が箱を背負って(というのかなあ)
ふもとの刈田嶺神社に入っていき、
そのうしろを写真とおなじような装束の人たちが
歩いて行きました。

エコーラインが不通になる冬のあいだは、
里宮にご神体を置くのですって。
そして初夏、エコーライン開通とともに、
また奥宮に上がるのだそう。

そうかーフェイエルともどもお参りしたけど、
もうからっぽだったのねー。

刈田岳
御釜のそば(といってもまだ遠いけど)まで
おりてみましたよ。

刈田岳
ぽんと離れていると、
そのあいだをひたすらに走るフェイエル

刈田岳
岩場を行ったり来たり

刈田岳
紅葉になじむブルース・リー

刈田岳

刈田岳
風はひんやりしていたけど、日差しは暑く、
おもったより寒くなかったです。

刈田岳
運動後は、甘栗で栄養補給。

刈田岳
頂上付近は、低木になってしまうので
それほど鮮やかではないのだけれど、
エコーラインの上のほうは、こんなかんじ。

これからどんどん紅葉も下がっていって、
もっと鮮やかになるのでしょうね。


そろそろこのあたりの稲刈りも中盤。
田んぼも黄金色のふさふさから、枯草色の切り株に
どんどんかわってきました。

ときたま見かける「あれ」と念願の記念撮影しました。

天日干し
はさがけの天日干し

天日干し
横から見ると、こげなふう

天日干し
こちら別バージョン
まあるいのが整列してて、かわいい

天日干し
藁だけの三角錐もありました

手間のかかった、美しい風景です。


にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ
おいしい秋



いつも見に来てくださって、ありがとうございます。

Comment

日本の秋もきれいねえ。
 編集
しかし、どこいってもフェイエルちゃんは目立つでしょ?
いっつも楽しそうにトコトコ歩いて、いい子たちだね♡栄養補給は甘栗なのか!

御岳山が噴火したってこっちのニュースでもやっていたけど、ここも火山だよね?気をつけて観光してね〜
2014年10月02日(Thu) 02:36
 編集
フェイちゃん甘栗を前に満面の笑みね〜♡
エルちゃんは甘栗を見てる〜笑
早く食べたいね〜(*^^*)

そちらは稲を昔ながらの乾燥方法で干してるんですね。
こちらも田舎なのにそういった風景見なくなりました。なんだか寂しいです。
2014年10月03日(Fri) 08:13
Licaさん
 編集
こんなカッコしてたら、目立つよね〜
してなくても目立つか(笑)

そうなの、もちろんここも活火山で、8月中は
ちょっと活発化しだしたかって新聞に出たりしていたので、
もし噴火したら家まで灰は来るなあ、どうするか、
とかちょっと考えたよ。

その後落ち着いてるので、少しいつもより食料・水分を
多めに持って、行ってきたの。そのうちの1つが甘栗(笑)
次はヘルメットも持っとくべきかなー

気をつけないとね。ありがとう。
2014年10月03日(Fri) 23:02
デイジーママさん
 編集
そうそう、いつもフェイはわたしを見、
エルは食べ物を見てます(笑)

こちらでも、だいぶ山のほうへ行かないと
天日干し風景を見ることはできません〜。
やっぱり、近所はどこも、コンバインで刻んだのを
ぶちまけてありますよ。

このあいだは、ちょうど棚を作っているところを
目撃しましたよ。
下には、束にした稲がばさっばさっと置いてあって
竿を渡して縛ってました。

やっぱり、あれはすごく大変だろうなーって
思いました。農家さんてすごいね。
2014年10月03日(Fri) 23:10












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL