fairy tail

フェイとエル、香港からもどってきました。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ その他
CATEGORY ≫ その他

ごちそう三昧

更新とどこおっております。
先週は、ちょいと旅行に出ておりました。
黄金週間の人ごみ・渋滞を避けるためにサボるしっぽ家です。
お世話になったみなさん、ほんとうにありがとうございました。
行く先々で、たっぷりとご馳走していただいてしまいました~!
その食道楽ぶりをご紹介。

まずは名古屋でランチ。ひつまぶしを食べたいというしっぽの
希望のために、あつた蓬莱軒 陣屋に連れて行ってもらう。
平日というのに、大きなお座敷に満杯のお客さん。
回転も速い。このお店1日のうなぎ消費量が、気になりました。

あつた蓬莱軒
肝焼き。いやいや、お酒は飲んでないさ。でも食べてみたかった。

あつた蓬莱軒
ぽんが頼んだ、上鰻丼。
店員さんに聞くと、ふつうから特上まで、使ううなぎは一緒で、
ごはんとうなぎの量だけが違うとのこと。
それじゃあ、特上は食べきれないねってことで、上。
「えっうなぎこれだけ?」と思ったら、下にも入ってました(^^ゞ

あつた蓬莱軒
ゆーママさんが頼んだ、天麩羅定食。
あのお座敷で天ぷらを食べていたのは、たぶんゆーママさんただ一人。
うなぎは好きじゃないのに、連れて行ってくれてありがとう!

あつた蓬莱軒
そしてこれが、なーパパさんとわたしの頼んだ、ひつまぶし。

おひつの中を4つに分け、最初はそのまま、次は薬味をのせて、
その次は薬味とおだしをかけて、最後の1つはお好みで

というルールをまじめに守って食べました。
わさびって白焼きだけかと思ってたけど、
たれづけで焼いてても、わさびあうね。
うなぎ大好きなしっぽ。ひつまぶし堪能いたしました。満足。
ごちそうさまでした~!

その後、熱田神宮にも連れて行ってもらいました。
神社仏閣の空気、空間が好きです。緑も心地よくて、ほっとします。
お参りをして、西楽所と信長塀にふらふらと近づいて見学してたら
あっあれは!!
フェイ
F: もも、もしや、あなたたち名古屋コーチン!?!?
玉砂利けちらして大興奮のフェイでした。
テンション上がると、くるくる回るので、リードが大変なことに~。


その後、ゆーママさん車の先導で、名古屋の名所を案内してもらいながら
カフェで休憩してみたり。そして別れを惜しむ間もそこそこに、
われわれは岐阜・大垣へと車を走らせました。
2年ほど前にも、訪れたことのあるCALCIOで、お夕食です。

CALCIO
まだ、明るいうちからスタート。アンティパスト。
右奥の、黒米のアランチーニ(ライスコロッケ)と、
その左手のフリッタータ(カポナータ入りオムレツ)が、印象的。

そしてプリモは、おのおのオーダー。
CALCIO
ダフネままさんは、ゴルゴンゾーラソースのニョッキ。
緑はほうれんそう、赤はトマトかな?
白は基本のジャガイモで、黒はきっといかすみだよね。
ここのニョッキほんとにおいしいんですよね~。

CALCIO
ぽんが頼んだのは、手打ちパスタのボンゴレロッソ。
浜名湖の、旬のあさりの、ふっくら大きいこと!

CALCIO
わたしは、リコッタチーズのラビオリ。
この日の手打ちパスタは、ほうれんそう入りでした。
さっぱりとさわやかな一皿。おいしかった~。

そして、セコンド。これもまたおのおので注文。
CALCIO
ダフネままさんは、鱸のグリル、マッシュルームバターソース。
わたしの好物そろい踏みってかんじのひとさらでした。

CALCIO
ぽんは、ラムのロースト、バルサミコのソース。
これもね~いい香りで、すごくおいしそうだった。

CALCIO
ぽんは、このラムにあわせて、赤ワインをグラスで注文。
ヴェネツィアングラス、サルバドーリで、サーブしてくださいました。
「飾っておくのではなく、おだししちゃうの」っておっしゃってたマダム。
こんなに美しい、手書きのヴェネツィアングラスを手にとって
眺めたのは、はじめてです。

CALCIO
そして、わたしが頼んだのは、牛ほほ肉の煮込み。
じっくりと煮込んだお料理も、選べるのです。すばらしい。
おいしくって、パンをおかわりしました。

CALCIO
食後のドルチェ。
タルトチョコラータ、抹茶のムース、そしてマチェドニア。
大好きなマチェドニアが、超美味~。
使ってあるのはなんだろう、マラスキーノではないような?
なにやらとっても華やかな香り。なんのお酒だったのかな。

ほんとはさらにピッツァをつけることもできたのだけど、
おなかいっぱいで、断念。
おいしいイタリアンを食べると、家ごはんのイタリアン率が
一時的にかなり高まる我が家。
ここのお店にきたあとも、例外ではありません。
オリーブオイルを買い足さねばと思っているところです。

そうそう、ここのマダム、なんとわたしたちを覚えていてくださいました!!
常連さんの連れってこともあるでしょうけれど、すごすぎませんか?
「2年前、たしかランチ」ということ、そして車中にワンコが
留守番してることまでも、きっちりとご記憶されていて。
シェフであるご主人の腕前もすごいけど、マダムのお人柄にも大感激。
ほんとうに素敵なお店です。おいしかった。ごちそうさまでした。


さて。あくる日、琵琶湖のそばまで来ていたしっぽ家。
約束の時間にすっかり遅れて大迷惑をおかけしながらも
絶品和食をごちそうになったのでした。

coctura桜井
お店の休日をあててくださって。

coctura桜井
じゃーん!coctura桜井さんの、特別なお昼膳。
きれいでしょ~おいしそうでしょ~、うらやましいでしょ~。
ホームページや某誌の写真記事を見て、
指をくわえていたあのお料理が、目の前に!
酢ばすの下には、あの、鯖寿司ですのよ♪

たいていの場合、なんとなく材料や作り方のイメージが
思い浮かぶんだけど、このお膳では、想像を超えるものが
いっぱいありました。赤いしんじょとか、お魚のソースとか…。
どう作るんだろうな~ってたくさん思いながら味わったから、
お料理教室にいける方々が、すごくうらやましいです。

coctura桜井
コーヒーとデザートも。
うわさの、契約農家さんから完熟で摘み取られて届く紅ほっぺ!
いちごシャーベットの下にマンゴーピュレ、
その下にいちごのメレンゲムース~ららら~♪

紅ほっぺの香りでノリノリになってしまったフェイエルのために
わざわざワンズ用にカットしてきてくださったパパさん。
わたしたちだけでなく、ふたりにもごちそうしてくださって
本当にありがとうございました。
大雨のなか遅刻して、大騒ぎでひっ散らかしたうえに、
あっというまに退散し、本当に失礼いたしました。
選び抜かれた食材と、すばらしいお料理、とっても幸せでした。
ごちそうさまでした。

いただきもの
そして、いただいたおみやげたち!!
ゆーママさんたちからは、フェイエル用にビッグアキレスと、
例の粒マスタード2種、そしてハーブティ(←飛びつくネタをありがとう)。

ダフネままさんからは、うわさの山ぶどうのワインと
みそ入りせんべいの、田中屋せんべい総本家のおせんべたち。

ちゃまこさんたちからは、お店の土佐醤油、ポン酢、土佐酢と、
フロッシュのシュプーレン、むちゃくちゃおいしいトマト。
トマトはね、「持っていきます?」と聞いてくださったパパさんに、
遠慮をしらないしっぽは、「はい!」と即答。
高知産の激甘高級トマトです。ミディトマトくらいの桃太郎。
枝で完熟してるから、パンパンに実が張ってて放射状の線もくっきり。
感激のおいしさです。売っているお店も教えてもらったの。
来シーズンの土佐文旦はここから特価品を入手する予定♪

みなさま、本当にお世話になりました!
ごちそうさまでした、そして、いろいろありがとうございました!!

OFFICINA di Enrico

先日、表参道に用事があったので、念願かなって
オフィチーナ ディ エンリコで、ランチしてまいりました。というのは、
CARLmama☆さんがアルマーニ リストランテを絶賛されていたものの、
われわれはリストランテには場違いだし、敷居が高いので、
アルマーニを監修されたエンリコ氏のお店へ行ったのです。

とりあえず、おすすめのパスタ ブッフェに挑戦。
20091222-1.jpg
カウンターに置かれているパスタ4種、ソース4種、
ソーセージなどのお肉系・魚介類・お野菜・アクセントの食材
これらから、使って欲しいものを選んで、作ってもらいます。

ぽんは、オーソドックスなオリジナルスパゲティにトマトソース、
渡り蟹やいいだこ、あさりなどの魚介すべてと…野菜はなんだっけな…
(ほうれん草と京高菜だったそうです)、そして味に深みが出るアンチョビ。

わたしは、手打ちのタリアテッレに子牛のラグー。
あわせた食材は、サルシッチャ(生ソーセージ)、プロシュート(生ハム)、
ターキーのリエットに、ハタケシメジやマイタケなどのキノコ3種(全部)、
ちりめんキャベツと聖護院かぶら、そしてパルミジャーノ。

「いいですね、最高!」とお世辞をいわれ、ごきげんで席に着いてお食事。

20091222-2.jpg
サラダ
きれいな野菜、とっても美しく、バランスもよくておいしかった~。
トマト嫌いなぽんは、トマトの味に感激して「これはなんのトマト?」
と聞き、待つことしばし。「茨城の桃太郎です」と教えてもらう。
えぇぇぇ!!普通じゃん!とびっくり。
扱いかたがとっても上手なんだと思う。

20091222-3.jpg
自家製のパン。お店で焼いてるパンで、このレベルは驚き。
とくに手前の薄茶色のたまねぎのフォカッチャ。
飴色にいためたタマネギを生地に混ぜ込んでるんだと思うけど
しっとりして、とってもおいしかった。おかわりもらっちゃいました。

20091222-4.jpg
ぽんのパスタ完成
アッツアツ。蟹のダシがむっちゃうまーい!!

20091222-5.jpg
しっぽのパスタ完成。これまたものすごいうまーい!!!

このパスタ、くぼんだお皿に上へ上へと美しく盛ってあるから、
少なく見えるかもしれないけど、実際にはたっぷりとあり、
かなりおなかいっぱいになりました。

そして仕上げのドルチェ。
トレイに小さなドルチェが7~8種類載せられていて、
ひとつ100円!で、好きに選べます。

20091222-6.jpg
見た瞬間、わたしはスッフォリアテッラを選択。
だって、あんまり食べられる機会ないからね!
そして、グレープフルーツのジュレももらいました。
スッフォリアテッラの中身と、ジュレの上に乗ってるのは
どちらもリコッタチーズ。
バリサクッとさっぱり~でナイスセレクト(←自分で言うな)。

20091222-7.jpg
ぽんは、プリン。
これ、カラメルの色が薄いけど、ちゃんと苦くて、
アパレイユもわたし好みの全卵タイプと思う。いいねぇ。

20091222-8.jpg
食後の飲み物には、エスプレッソ、カプチーノ、カフェラテ、紅茶…
なんでも~と言うので、じゃ、マッキアートもいい?と聞いてみたら、
「もちろんです!」と、作ってくれました。すばらしい。

でね、ぽんがお会計で、スタッフやシェフの方と話していたので
どうしたの~と近づくと、なんと「同業者の方ですか」と
聞かれていたらしい!
そそ、そんなに怪しかったですか??と爆笑してたんだけど、
どうやらわたしが「スッフォリアテッラ」をさらりと言ったのが
驚きだったらしく。で、ごく普通の一般人ですよぉ、でも
ロマネスコとかサンマルツァーノとかを育てて食べてるから、
普通じゃないかな~って盛り上がって帰ってきました。

間違いなく変な客だったぽんとしっぽでした。
きっとまた行くでしょう。夜も食べてみたいお店なので。
久しぶりに大ヒットのイタリアンでした。
みなさんも、機会があれば、ぜひ行ってみてくださーい。

シュトーレン

じっくりねかせたシュトーレン。
そろそろ食べごろなので、先日、念のため食べてみました。
そう、実は味を確認せずに発送していたの…

シュトーレン
マジパンにオレンジピールを挽いて混ぜてあり、
いちごも入っていて、ダフネままさんにいただいた
和三盆のお化粧になっている、今日から食べごろのA。

シュトーレン
こちらのオレンジピールは刻んで生地に混ぜてあり、
素精糖粉末のお化粧になっていて(←和三盆と間違えた…)
あと5日ほど待ってから食べて欲しいB。

材料は、国産か、ろっぷははさんお手製のドライフルーツや
オニグルミ、外国産ならオーガニックのナッツ・フルーツ。
そうではないものは、レーズンを漬けたマルティニクのラム酒と
マルコナ種のアーモンドプードル、シナモンくらいだと思います。
シナモンは、去年はオーガニックだったんだけど、ドライな香りで
好みではなかったので、今年はクラブ生協のものにしました。

というわけで、いただきもの三昧の、とっても贅沢な仕様です。
肝心の味ですが、どちらも、そんなにがっかりされずにすみそうです(^^)
ちなみに我が家では、Aのほうが好みでした。
両方届いている方は、どっちが好みか教えてね。